ヒゲ脱毛には危険性はないのか?ヤケドと毛嚢炎のリスクとは?

ヒゲ脱毛の危険性

ヒゲ脱毛の危険性を調べてみました。

ヒゲ脱毛での火傷(ヤケド)

ヒゲ脱毛で心配されるのは火傷(ヤケド)でしょう。

ちょっと前に脱毛で火傷したなんていうニュースがあったので、心配になってきました。

火傷なんて言う危険性があればヒゲ脱毛なんてできませんよね。

そこで、ヒゲ脱毛と火傷の危険性について調べてみました。

火傷の危険性

管理人はヒゲ脱毛をしています。

ヒゲ脱毛した直後は確かに赤くなります。

しかしこの赤みは3時間くらいできれいに消えてしまいました。

しかし、中には火傷をしてしまう人もいるようです。

なぜ火傷なんてことになるのか?

よくある原因は日焼けした肌に対して脱毛の施術をしてしまった場合です。

脱毛の光やレーザーは黒い色に反応して熱を帯びて毛根にダメージを与えます。

日焼けしてしまった黒い肌で脱毛をすると肌自体が反応してしまいます。

つまり肌が熱を帯びてしまうのです。

ですから、よく言うように日焼けしている方には脱毛の施術はできないのです。

ちなみにほくろも同様の理由でヤケドの危険性があります。

しかし、専用のシールを貼ったりして施術をするので大丈夫です。

さらにクリニック、美容外科では専門のドクターが問診をしないといけないことになっています。

現在はきちんと危険性なども説明しないといけないことになっていますし、ドクターが日焼けの具合を最終的には判断して脱毛の施術ができるかどうかを決めるので安心できます。

脱毛サロンの場合はドクターがいないのでコメントは差し控えます。

個人的に脱毛サロンでは施術を受けたこともないので…

毛嚢炎の危険性

毛嚢炎は「もうのうえん」と読みます。

嚢の漢字は袋を意味しています。

つまり、毛の毛包に炎症を起こしてしまうことです。

雑菌などが脱毛した毛包に入り込んで炎症を起こす危険性があります。

目に見えない部分でしたら、ちょっとくらい赤いブツブツができても時間が経って治るのを待てばいいのですが、顔の場合はそうはいきません。

特にヒゲ脱毛で深刻な毛嚢炎などになってしまったら、営業や接客の仕事の方は大変なことになります。

実際のところ毛嚢炎になるかどうかはやってみないとわかりません。

カミソリ負けも毛嚢炎と言われていますが、カミソリ負けしない肌の人でも毛嚢炎になってしまうことがあります。

私も人前で仕事をしないといけないので、毛嚢炎などになっては深刻な状況になってしまいます。

そこで、考えました。

初めてヒゲ脱毛をするときにあご下など目立たないところでちょっとだけ脱毛の施術をしてみました。

そうすれば万が一毛嚢炎になっても目立ちません。

毛嚢炎になる危険性は変わらないので、仕事上に対するリスクを軽減するように考えました。

私は幸いに毛嚢炎などにはならなく、ヒゲ脱毛直後の赤みも数時間できれいに消えました。

通い放題のプランに入っていたので、少しの施術でも金銭的な心配はほとんどしないで済んだので、本当に毛嚢炎の危険性が心配な方は通い放題でヒゲ脱毛すると安心です。

バラでヒゲ脱毛を申し込むと意外と高いので^^;


関連記事


人気ヒゲ脱毛クリニック

  1. No.1ゴリラクリニック

    ゴリラクリニック

  2. No.2湘南美容外科

    湘南美容外科

  3. No.3メンズリゼ

    メンズリゼ


おすすめ記事